日本遺産


「森に育まれ、森を育んだ人々の暮らしとこころ~美林連なる造林発祥の地"吉野"~」

 

 

吉野町、下市町、黒滝村、天川村、上北山村、川上村、東吉野村、そして下北山村の8つの町村で吉野地域日本遺産認定推進協議会を立ち上げ、日本遺産の認定に向けて調整をしておりました。

同協議会は「森に育まれ、森を育んだ人々の暮らしとこころ~美林連なる造林発祥の地"吉野"~」として8つの町村の無形有形含めて58件を申請し、今年の4月に見事、日本遺産に登録されました。
58件の中、下北山村の「前鬼トチノキ巨樹群」「前鬼集落跡」「池神社と親子杉・夫婦杉」「春まなのめはり寿司」の4件が含まれております。

 

RIMG0849.JPG前鬼のトチノキ巨樹群

 

 

 

IMG_7274.JPG前鬼集落跡

  

  

  

池神社2.jpg

池神社

     無題2.jpg無題2 - コピー.jpg

              親子杉               夫婦杉 

  

 

めはりすし.jpg春まなめはり寿司

  

日本遺産 吉野 リーフレット

  

  

  

「日本遺産(Japan Heritage)」は(地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」として文化庁が認定するものです。

 ストーリーを語る上で欠かせない魅力溢れる有形や無形の様々な文化財群を,地域が主体となって総合的に整備・活用し,国内だけでなく海外へも戦略的に発信していくことにより,地域の活性化を図ることを目的としています。(引用:文部科学省ホームページhttp://www.mext.go.jp/)