世界遺産2 三重の滝




【前鬼の裏行場】


世界遺産「三重の滝」コース(健脚向き)




前鬼からは世界遺産のエリア。

「小仲坊」の横にある「行者堂」での礼拝や

そこを起点とした山登りを指すいわゆる「表」の行場に対し、

「裏行場」前鬼川上流の渓谷に向かうコース。



koritoribanonagare

(前鬼川上流の清流)



「前鬼」一帯は山林経営のために天然林が伐採され

役行者の時代の輝きは見る影もない杉林となっていますが、

そこを離れて自然林の中に分け入ってゆくと、

息をのむ美しさに包まれます。


行者が籠った洞窟がある

落差50mの名瀑「千手(せんじゅ)の滝」まで、

片道およそ1時間半の道のりです。



akasakajizou

(ブナ林の中にたたずむ「閼伽坂地蔵」)



まず前鬼の小屋の向かって右手から、

「閼伽坂峠(あかさかとうげ)」を目指して

ゆるやかな坂道を登ります。


「閼伽(あか)」というのはサンスクリット語「アルギャ」の音訳で、

仏様や神様にお供えする水のこと。

「閼伽水(あかみず)」とも呼ばれ、

これを汲むときは心身を浄めなければならないとされています。

(ちなみに「閼伽(あか)」は、

英語[AQUA(アクア・水)]の語源ではないかとも言われています)


峠には小さな祠(ほこら)があり、

中には「閼伽坂地蔵(あかさかじぞう)」が祀られています。

梅雨期は特に、ヒルに噛まれないよう

ここでしっかりとお参りをしておきましょう。


峠から先は急坂を下り、前鬼川の上流を目指します。

やがて川底に到達し、左に折れて巨大な石を越えると

エメラルド・グリーンの美しい淵「垢離取場(こりとりば)」に到着。



koritoriba_futi

(浄めの聖地「垢離取場」)



「垢離(こり)」とは「身についた罪・穢(けが)れ」のことで、

今でも修験道の行者さんたちは、

この淵に首まで浸かって心身の浄化を祈ります。


膝まで水に浸かって淵を渡るか

足場の不安定な岩場を飛ぶかして対岸に渡り、

岩に打ち付けられた鉄の足場を登って右に折れ

山腹を登ったあと急な岩場を降りると

28番目「靡(なびき)」である「三重(みかさね)の滝」


昔は鎖一本でしたが今は階段が取り付けられており、

真ん中の滝である優雅な「千手の滝」(落差50m)の直下に

簡単に降りることができます。



DSC00010

(岩盤を優雅に流れる「千手の滝」)



そこから恐々と下をのぞくと

清冽な「不動(ふどう)の滝」(落差60m)の落ち口が見えますが、

水量の多いときは岩が滑りやすいので

決して身を乗り出さないようにしてください。


「千手の滝」の向かって右側の崖を登ると、

滝を真横から眺める「滝見台」のテラスが現れ、

そこに幅4mほどの広々とした「胎蔵界窟(たいぞうかいくつ)」

口をあけています。


雨露が凌げ、かつ風通しの良いこの窟(いわや)は

役行者が作ったものと言われており、

数多くの修行者たちがここに籠(こも)って

滝行や座禅行を重ねてきました。

今は窟の中央に

役行者前鬼・後鬼の像が祀られています。



taizoukaikutu

(雨露を防ぐ十分な広さがある「胎蔵界窟」)



この「胎蔵界窟」の右手には

「金剛界窟(こんごうかいくつ)」という洞窟もあり、

二つ合わせて「両界窟(りょうかいくつ)」と呼ばれていますが、

一般のハイカーはここで引き返しましょう。

この後は「山上ヶ岳(さんじょうがたけ)」とともに、

大峯随一と呼ばれる厳しい岩場が連続します。


まず現れるのが、

切り立った崖を横切る「屏風の横駈(びょうぶのよこがけ)」

続いて落差20mの垂直な岩場を、

鎖や木の根につかまりながらよじ登る「天の二十八宿(しゅく)」

ここには前鬼「不動坊」別当弘化3年(1846年)に寄進した鎖が

今も残されています。


霧で岩が濡れていると大変滑りやすい上、

岩場の最後は鎖が掛けられていないので

一瞬たりとも気の抜けない危険な「行場」を過ぎると、

一番上の滝である「馬頭(ばとう)の滝」(落差45m)に到着。


岸壁に囲まれ「神秘的」な趣をたたえたこの滝は

澄んだ滝壺とのコントラストが美しく、

深山幽谷の静けさに浸ることができます。



「三重の滝」で修行した西行はこう詠みました。

「身に積もる言葉の罪も洗われて 心澄みぬるみかさねの滝」


日常の小さなことを全て水に流し、

身も心も浄められた喜びが

ひしひしと伝わってくるような歌ではありませんか!



sennjunonagare

(「千手の滝」の滝下を流れる清流。

この下に落差60m「不動の滝」がある)



「馬頭の滝」の後は谷を渡って対岸の斜面をひと登りし、

「鞍部(あんぶ)」から森の中の急斜面を下ると

前鬼への道に合流。

再び「垢離取場」を経て、「小仲坊」に帰ります。





【行程表】


前鬼「小仲坊」 (標高約800m)


緩やかな登り: 約30分 登山道: 20分


「閼伽坂峠」 (標高約900m)


急坂を下り、河原で左へ: 約30分      登山道: 50分


「垢離取場」 (標高約700m)


緩やかに登った後、急降下: 約30分     登山道: 30分


「千手の滝」の下 (「不動の滝」のすぐ上 標高約700m)


「千手の滝の」右側を登る: 5分      登山道: 5分


「両界窟」 (左:「胎蔵界窟」 右:「金剛界窟」) ハイカーはここまで!!


「屏風の横駈け」「天の二十八宿」などの崖登り: 約30分


「馬頭の滝」(標高約800m)


対岸に渡り、登ってから急坂を下降。元来た道に合流: 約40分


「垢離取場」 (標高約700m)





行程

「前鬼」「小仲坊」から「千手の滝」まで ハイカーコース 片道約2km

所要時間

「前鬼」「小仲坊」から「千手の滝」まで 行き約1時間30分 + 帰り約1時間40分

(休憩は含みません)


 ※「馬頭の滝」まで行くなら、30分余計にかかります。

  (必ず経験者同行で入山してください)


※現在、2011年の台風15号の影響で「垢離取場」の砂地が流されてしまいました。

対岸に渡るためには膝まで水に浸かって淵を渡るか、

下流にある余り足場の良くない岩を渡るしかありません。



▲ページの先頭へ戻る





【ヒル対策あれこれ】


登山者を悩ませてきた山ビル。梅雨期は特に要注意です。

これまでは

▼粉石けんを水で溶き、長靴に塗りつける(滑ってヒルが上がれない)

▼酢や酢酸(さくさん)を靴に塗りつける(ヒルがこの匂いを嫌がる)

などの方策がとられてきました。


しかし最近「ヒルノック」「ヤマビルファイター」などのヒル忌避剤が販売されるようになりました。

ホームセンターではまだ余り見かけませんが、通販などでは入手できるようです。

ご参考までに・・・。


ha





【観光ガイドのトップページ】はこちら


【世界遺産1・前鬼】はこちら


【世界遺産3・釈迦ヶ岳】はこちら


【「聖地」の四季と伝説】はこちら



▲ ページの先頭へ戻る