観光案内

ホーム >  観光案内 >  観光いろいろ 一覧 >  「明神池」――「修験の里」の霊的シンボル

観光いろいろ

「明神池」――「修験の里」の霊的シンボル

更新日:2010年7月15日

「大峰奥駈道」を支えた下北山村の信仰拠点

最後にご紹介するのは

下北山村「大峯奥駈道」の関係、

並びに三重県熊野市「花の窟(いわや)神社」

「明神池」のつながりです。

sakura_yama

(春の下北山村)

世界遺産である「花の窟神社」は、

イザナミノミコトを祀る日本最古の神社として

同じく世界遺産である「熊野本宮大社」和歌山県田辺市)の

ルーツなのではないかとも考えられている神社です。

そもそも世界遺産として登録された

「紀伊山地の霊場と参詣道」は、

吉野、熊野、高野山といった「聖地」

「大峯奥駈道」、「熊野古道」などの「修行と信仰の道」に大別されますが、

それらは周辺地域の寺社仏閣有機的な繋がりを持ちながら、

千数百年をかけて巨大な「信仰のエリア」

形作ってきた「力の場」でもあるのです。

中でも「大峯奥駈道」の中間地点にあたる下北山村は、

稜線上の「宿(しゅく)」を支える信仰拠点、

並びに物資の補給地として

数多くの修験者が出入りした村でした。

その信仰活動の中心にあったのが

役行者をまつる社(やしろ)として

江戸時代までは「池峯大明神」と呼ばれていた

「明神池」「池神社」なのです。

toriitojinnja

(池神社)

長い歴史と

数えきれないほど多くの人々によって育まれてきた

「祈りの場」であり、

現在もなお「奇跡譚」が絶えない

神秘と伝説の池「明神池」

どうか敬虔な気持ちで足を運んでください。

「池の不思議」に出会う祝福

いただけるかもしれません。

▼「大峰奥駈道」を支えた「修験の里」

「深仙の宿(じんせんのしゅく)」を支えたのが

そこから2時間余り下った場所にある「前鬼」であったように、

「大峯奥駈道」の稜線上にある

いくつもの「宿(しゅく)」を支える

「ベースキャンプ」のような役割を果たしてきたのが、

下北山村の各集落でした。

dainitidake

(「大峯奥駈道」の途上にそびえる「大日岳」

この山の反対側にあるのが「深仙の宿」)

実際に江戸時代、

「大峯奥駈道」当山派本山派「門跡(もんせき)」

数多くの修験者らと共に集団で「峯入り」するとき、

「宿(しゅく)」のふもとの集落に住む村人が

警護のために入山し、

松明(たいまつ)や食料を提供したとの記録が残されているのです。

例えば「南奥駈道」「転法輪岳(てんぽうりんだけ・1281m)」

北に位置する「平治の宿(へいじのしゅく)」は、

「池原」「池峰」、「寺垣内(てらがいと)」の村人が警護を勤め、

「行仙岳(ぎょうせんだけ・1227m)」の北にある

「怒田の宿(ぬたのしゅく)」は、

「浦向(うらむかい)」などの集落の人が担当したということです。

そもそも村内の集落が、

稜線にある「宿」との関係で成立したのではないかという説が

あるくらいです。

「大峯奥駈道」の稜線の周囲は

「一木一草刈ってはならない」とされてきましたので、

「平治の宿」で修行する山伏たちが

物資補給のために開いたのが「池峰」の集落であり、

「怒田の宿」の山伏が開いたのが「浦向」なのではないかとすら

言われているのです。

momiji

(明神池の紅葉)

確かに村内には、

「笠坊(かさぼう)」、「細利坊(ほそりぼう)」、

「大平坊(おおひらぼう)」などといった

「坊」のつく地名がいくつも存在します。

つまり下北山村「大峯奥駈道」「宿(しゅく)」を支えるための

重要な「修験の里」だったということで、

その中の信仰拠点が

役行者が開いたとされる

「明神池」「池神社」だということなのです。

現在も村民のほとんどが

「池神社」氏子となっておりますが、

ここは文字通り遥か昔から

「村の信仰のシンボル」といえる場所であったのです。

jikyousennnennhinoki

(「大峯南奥駈道」の「持経の宿(じきょうのしゅく)」

近くにある「持経千年桧(ひのき)」。

まつられているのは不動明王)

▼平家落ち武者の里

ちなみに、吉野からさらに奥山を分け入ったこの村は、

「平家落ち武者の里」でもありました。

「明神池」のある「池峰」集落一帯は、

平家の武将」たちと追手らによる

「最後の激戦地」であったと伝えられています。

しかしさらに奥山に逃げ延びるなどして

生き残った武士たちは、

その後里に下りてきて

農業や林業をしながら暮らしました。

下北山村に「平(ひら)」や「上平(かみだいら)」、

「平井」「平尾」「平西」など「平」のつく名前が多いのは

そのせいだと言われています。

また余りにも「平さん」が多いので、

「平」の字をアレンジして

「中」の苗字にしたとの話も伝えられています。

(「中さん」もたくさんいらっしゃいます)

このほか「上垣内(かみがいと)」、

「下垣内(しもがいと)」といった苗字や、

「寺垣内(てらがいと)」、

「松葉垣内(まつばがいと)」などの地名も残っています。

この「垣内(がいと)」と言うのは

そもそも平家の人たちが使った「都言葉(みやこことば)」で、

「~~以外は何も無い」という意味を表しているそうです。

すなわち「寺以外何も無い」、「松葉以外何も無い」

という意味ですね。

都を偲んだ平家の人たちの心境が

ひしひしと伝わってくるかのような地名です。

10_kannnusi

(「池神社」の秋祭り)

さらに「大峯奥駈道」にある「平治の宿(へいじのしゅく)」

以前は「へいしのしゅく」と呼ばれており、

これは「平氏」を意味する名前であったと言われています。

「池原」の集落には戦前まで

先祖伝来の刀を所蔵している民家が多数ありましたし、

ときおり歌舞伎役者のように端正な面立ちの村人を見かけるのも、

そのような血筋のせいかもしれません。

「平家の末裔」たちは

素朴な民間信仰が息づく村の中で、

学問や仏教、神道などの各分野における

「指導者的な役割」を果たしてまいりました。

31_zoukibayasi_narasi

(雑木林を照らす西日)

▼「明神池」の雨乞い物語

最後に霊験あらたかな「明神池」

「雨乞い物語」を紹介いたします。

熊野市にある世界遺産

「花の窟(はなのいわや)神社」氏子総代

和田生(わだはえる)さんから聞いた話です。

役行者に踏まれた大蛇の頭が落ちたとされる

「有馬の池」(現在の「山崎運動公園」)

がある熊野市有馬町では、

昔から「雨乞い」をするときは「明神池」の水を使ったといいます。

最後の「雨乞い」が行われたのは昭和25年8月

日照りで田んぼが干上がりそうになったとき、

有馬地区では「雨乞いの御神事を行おう」

ということになりました。

これは往復70キロ以上の道のりを歩いて

有馬から下北山村「明神池」に行き、

竹筒4本に水を汲んで帰るというもの。

その後「花の窟(はなのいわや)神社」に水を供え

神主に御祈祷をしてもらった上で、

夕方から蓑・笠を着けて

村人総出で「雨乞い踊り」を踊るのです。

tuwabuki_777

(「花の窟神社」とつわぶき)

長老たちから依頼を受けた和田さんら地区の若者たちは、

「雨乞い」の決まり通り8人ずつの2組に分かれ(※)、

竹筒を持って出発することになりました。

※(1組目は「明神池」まで行き、

2組目は途中の熊野市五郷

竹筒に入った「霊水」を受け取る予定でした)

ところが「若い衆」の中で

「途中の熊野市五郷(いさと)まで車で行ってもバレないだろう」

と言った者がおり、

あろうことか全員がそれに賛同してしまったのです。

五郷で車を降りた若者たちは

その後は全て伝統にのっとって行いましたが、

翌日「花の窟神社」で一晩中「雨乞い踊り」をしても

一滴の雨も降りませんでした。

hananoiwaya_sanndou2

(「花の窟神社」の参道)

次の日になって往路の半分を車で行ったことが発覚し、

雨が降らなかったのはそのせいだということになりました。

そのため五日後に、

もう一度「雨乞い」をやり直すことになったのです。

今度は若者たちも真剣です。

再び有馬を夜に出発し、

全行程を歩いて深夜に「明神池」に到着。

静寂の中でお参りをした後、

バチが当たったらどうしよう」との不安に駆られながらも

池の神様を怒らすために神社の前で大騒ぎをし、

池に木や石を投げ入れました。

そして4本の竹筒に池の水を汲み、

一言も喋らず徹夜で帰路をたどったのです。

翌朝「花の窟神社」に到着し、

水を神前にお供えして祈祷してもらったあと

どっと疲れが出て休みました。

hananoiwaya_gosinntai5

(「花の窟神社」の御神体)

夕方になって

和田さんたちのところに、

「神社にすぐ来るように」との連絡が入りました。

大急ぎで駈けつけると、

神社の横の海岸線に大勢の人が集まって海を眺めています。

見ると沖合に厚い灰色の雲が立ち込め、

その下には見たこともないような真っ黒な「竜巻」が立ち上がり

ゆっくりと北の方へ移動しているではありませんか!

「それを見た瞬間、畏怖と感動で全身に鳥肌が立った」

と和田さんは語っています。

hananoiwaya_gosinntai777

(「花の窟神社」御神体の岩盤上部。

「お綱掛け神事」のときに花をつりさげるわら縄が残っています)

やがて蓑・笠をつけて

「花の窟神社」の境内で「雨乞い踊り」を始めると、

天が抜け落ちたかと思うほどの

猛烈などしゃぶりとなりました。

雨は半時間以上続きましたが

村人は嬉しさの余り、

濡れるのも構わず踊り続けたということです。

和田さんにとっても

「神の力」が下る瞬間を目の当たりにした、

忘れられない体験でした。

「これが僕の信仰の転機になった」という和田さんは、

その後「大峯奥駈道」を行ずる「修験」の世界に身を投じ、

83歳(2011年現在)となった今も

現役で「奥駈け」を行っております。

和田さんによると

「日照りになったらまた明神池に行って雨乞いをしよう」と

心に決めていたそうですが、

その後60年以上経った現在まで、

「雨乞い」が必要なほどの日照りには

一度もならなかったということです。

tourou

(池神社の「釣り燈籠」)

関連記事・リンク

【「明神池」を開いた役行者伝説】はこちら

【「明神池」の七不思議】はこちら

【「聖地」の四季と伝説】はこちら

【観光ガイドのトップページ】はこちら

【yahooの周辺地図】はこちら

【yahoo天気情報】はこちら

トピックス

【「池神社」を金峰山寺・執行長の田中利典氏が参拝されました】はこちら


ページの
先頭へ