観光案内

ホーム >  観光案内 >  観光いろいろ 一覧 >  隠された神域「前鬼・不動七重の滝」へ

観光いろいろ

隠された神域「前鬼・不動七重の滝」へ

更新日:2010年7月15日

▼金色の修行者

明治の終わりごろの話です。

大峯山脈の麓の集落である日、

夕暮れどきに民家の戸をたたく音がしました。

8_muranominnka

(下北山村の民家)

中にいたおばあさんが玄関に出ると、

一人の「行者さん」が戸口に立っていました。

見ると装束はすり切れ、あちこちに泥がこびりついています。

おばあさんは一目で

大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)を越えてこられた行者さんだ」と分かり、

丁寧に中に招き入れました。

彼女はいつもこうして

行者をもてなす人だったのです。

そしてまず、風呂の準備に取りかかりました。

13_yamajinohootogisu

(ヤマジノホトトスギ)

薪がパチパチとはぜ充分に湯が熱くなったころ、

彼女は「行者さん」を風呂場に案内し、

その後しばらくしてから着替えの浴衣を持って

脱衣場の戸をそっと開けました。

そこで風呂から上がり戸に背を向けて立っていた

「行者さん」の背中を見たとき、

彼女はアッと息を呑んだのです。

なぜなら「行者さん」の全身が、

「金色(こんじき)に輝いていた」からです。

「なんと偉い方に来ていただいたことだろう」

そう思った彼女は家族にもそのことを話し、

その夜は出来る限りのごちそうを作って

「行者さん」をもてなしました。

翌朝、その「行者さん」は家の人たちに

「お札(ふだ)」を一枚手渡し、

「困ったことがあったら、これに祈りなさい」

と言って出発しました。

watasino_shuuraku

(冬の下北山村)

それからしばらくして、

おじいさんが重い病にかかってしまいました。

「もはや手の施しようがありません」と医者から言われ

おばあさんは真っ青になりましたが、

そのとき「行者さん」がくれた「お札(ふだ)」のことを

思い出したのです。

彼女はタンスの中から「お札」を取り出して、

藁をもすがる思いで祈り始めました。

すると隣室で寝ていたおじいさんが、

「何やら楽になったぞ」と言って

ムックリと起き上ったではありませんか!

そしておじいさんの病は、

その日を境にすっかり良くなってしまったというのです。

医者も驚く奇跡の回復でした。

5_kinnjonite

(「難を転ずる」縁起の良い木として好まれた「南天」)

これは下北山村の隣、熊野市で実際にあった話ですが、

昔はこのように「一人歩きの行者さん」をもてなす一般家庭が

大峯山麓の随所にありました。

下北山村池原にも、

「おばあちゃんがいつも行者さんをお泊めしていした」

というお宅が何件もあります。

明治5年、政府によって「修験道」が廃止に追い込まれたことで

「世を捨てた孤高の修行者」は激減してしまいましたが、

そんな中でもなお行を続ける「行者さん」が存在したのは、

代価をもらって宿泊の便宜を図る「宿坊」とは別に、

こうした一般家庭による「行を手助けする風習」

各地で連綿と受け継がれてきたからに他なりません。(※)

※(明治5年の時点で、日本には17万人

「修験者(しゅげんしゃ)」がいたそうです。

現在の人口に換算すると、60万人を越えることになります)

minamiokugake

(冬の「大峯奥駈道」。「行仙岳」直下で)

歴史の中では全く無名の存在でありながら、

この「行者さん」のように「金色(こんじき)のオーラ」を発する

――すなわち「悟りを開いた」――人物は、

当時の日本に一体どれだけいたのでしょう。

そしてそのような隠れた「成道者(じょうどうしゃ)」がいたからこそ、

村人は一介の修行者や

諸国を遍歴する「聖(ひじり)」たちを

喜んでもてなしたのだと思われます。

四国において「お遍路さん」「お接待」する風習が

現代にも残っているように、

大峯山麓の村でも行者たちを接待して「功徳を積む」という考え方が

人々の間に深く根を下ろしていたのです。

yuuyaketotuki4

(「大峯南奥駈道」から望む「大台ケ原」方面の夕暮れ)

▼秘密の行場

仏像金箔が貼られ

西洋においては「聖者」の頭上に金色の輪が描かれるように、

悟りに達し「金色(こんじき)のオーラ」に包まれた修行者は、

決して集団行動をとらなかったと思われます。

なぜなら単独で行(ぎょう)じないと、

自分自身の「波動の高さを維持する」ことができないからです。

そのためそのような人々は、

一般の修行者が決して訪れることのない

「秘境」を必要としました。

そういった「秘密の行場」のひとつが、

前鬼の下流にある「前鬼・不動七重の滝」だと言われているのです。

IMG_0012

(前鬼・不動七重の滝)

この滝はかつて「前鬼の大滝」と呼ばれ、

前鬼に物資を運ぶための峠越えの道「牛抱坂(うしだきざか)」(※)から

遠くに眺めるだけの存在でした。

※(5万分の1の地形図にはこの道が載っていますが、

植林と法面(のりめん)工事のため

現在は入口が分からなくなっています)

「山林経営」のため前鬼一帯の森が伐採された大正時代

「前鬼口」からこの滝の下まで

木材を運ぶための「木馬道(きんまみち)」(※)がつけられたことにより、

ようやくアプローチが可能となったのです。

※(「木馬道」とは緩やかな山道に、

線路の枕木のように丸太を並べた道のこと。

この上を滑らせながら材木を運びました)

前鬼の人たちは伐採した木々を前鬼川に流し、

さらに滝の最上段から落として

河原で製材したということです。

上から3段目の一番大きな滝は落差が80mもありますし

その後も小刻みに滝と滝壺が連続しますが、

そこから落としても折れない

巨木ばかりであったそうです。

akino_sennjudake

(前鬼川の源流近く

大日岳の東にある「千手岳」)

戦後、水力発電のために池原ダム」を作ることとなり、

昭和36年、水没する「木馬道」の代わりに

今の林道が崖の中腹に設けられました。

「前鬼・不動七重の滝」

「秘密の行場」から、

前鬼へのアクセス途上にある

「林道沿いの撮影ポイント」になってしまったのです。

12_higannbana

(ヒガンバナ)

▼妙音天の祝福

かつてこの滝は、

藪をかき分けながら道無き道を行くか

「前鬼川」沿いに遡るか、

あるいは淵を泳ぎながら前鬼の里から降りてくるよりほか、

たどり着く方法がありませんでした。

しかし北アルプスの懸崖(けんがい)「剱岳(つるぎだけ)」の頂上で

奈良時代の「錫杖(しゃくじょう)」が見つかったくらいです。

修行者というのは「神に呼ばれ」さえすれば、

人跡未踏の険しい山河に

喜んで足を踏み入れてきたのです。

7_aoifuti

(下北山村 清流の淵)

事実、「前鬼・不動七重の滝」

最上段の滝の上には

浅く広々としたテラスのような美しい淵が広がっており、

そのほとりは素晴らしい「瞑想の場」であると言われております。

また滝下の河原で三日三晩四日四晩「座禅」を続けると、

「天の妙音」が谷に響き渡ったとの話もあります。

富山県・立山山麓にある

落差350m「称名滝(しょうみょうだき)」は、

その滝の音が「称名を唱える声」に聞こえるという理由で

名付けられた滝ですが、

実はこの「前鬼・不動七重の滝」

それに匹敵するくらいの「妙音の滝」として、

「成道(じょうどう)した修行者」のみが知る

「隠された神域」であったのです。

ikegounotani

(下北山村の清流)

ここで役行者の話をいたしましょう。

彼は大阪府にある「箕面滝(みのおのたき)」

修行をしていた20代のころ、

「弁財天」の助けを得て「悟りを開いた」と言われています。

海や湖、川や池のほとりに

まつられることが多い「弁財天」

すなわち「弁才天」は、

別名「妙音天」とも呼ばれており、

元はインドの聖河・「サラスヴァティー川」の化身。

音楽言葉学問を司る女神と言われ、

二本の手で「ヴィーナ」(琵琶)を奏で、

一本の手には「ヴェーダ」というバラモン教の聖典を、

もう一本の手には数珠を持っています。(※)

※(「弁才天」真言(しんごん)「オン ソラソバテイエイ ソワカ」

サンスクリット「オーム サラスヴァティー スヴァーハー」を

音訳したものです)

12_oomurasaki_tuyukusa

(オオムラサキツユクサ)

子供のころから岩に「梵字」で仏の名前を書いては

それに手を合わせていたという役行者が、

「サラスヴァティー女神」の助けを受けて「成道した」というのは、

大変重要な意味を持っています。

なぜなら水のほとりにまつられている「弁才天」

「水の洗礼」を司(つかさど)る神であり、

「成道」を目指す修行者は

修行のある段階で必ずこの、

「弁才天」「水の洗礼」を受けなければならないからです。

そして「前鬼・不動七重の滝」を擁する

幽邃(ゆうすい)な「前鬼川」は、

そうした「洗礼」を授(さず)かるのに

最もふさわしい「神域」であるということなのです。

asuka

(飛鳥の祝福)

関連記事・リンク

【「聖地」の四季と伝説】はこちら

【観光ガイドのトップページ】はこちら

【yahooの周辺地図】はこちら

【yahoo天気情報】はこちら


ページの
先頭へ