観光案内

ホーム >  観光案内 >  観光いろいろ 一覧 >  村とともに歩んできた「正法寺」の歴史 1

観光いろいろ

村とともに歩んできた「正法寺」の歴史 1

更新日:2012年3月22日

村の歴史のシンボル・「正法寺」の由来 1

shoubouji_shoumenn

(初めは恵日院と呼ばれていた正法寺)

下北山村の寺垣内(てらがいと)には、

正法寺(しょうぼうじ)という古い寺があります。

村の歴史を象徴するかのような様々なエピソードを持つ

「正法寺の由来」が、額に入れて本堂の鴨居に掲げられています。

このたびすぐ近くにある下北山村小学校の小学生が

正法寺の歴史について調べました。

そのときの資料をもとに、寺の由来について書かれた額の

内容をここに紹介いたします。

恵日院と大塔宮護良親王

正法寺は、もと恵日院(けいにちいん)といい寺垣内・区内の宮の谷に、

延暦三年(784年)に、はじめて開かれたものと言われています。

今より灼650年前元弘二年(1332年)、

後醍醐天皇の第3皇子、

大塔宮護良親王(おおとうのみや もりながしんのう)が、

時の武家政権を握っていた北条高時の追手を避けるため

山伏の姿に身を変え、戸野兵衛良忠(とのべいよしただ)、

武蔵房豪雲、赤松則祐、木寺相模入道勝憲、村上彦四郎などに護られ

北山郷に入り、浦向(うらむかい)に住んでいました。

watasino_shuuraku

(冬の下北山村)

楠多良左衛門正信などの協力で、恵日院に草庵を急造し、

ここを仮の御座所と定められました。

この故に恵日院は、大塔宮祈願所と呼ばれました。

しばらくご滞在のあと吉野山へ移られ、

戸野兵衛吉野までお供したあと

再び浦向正信の館に帰り、

恵日院を現在の寺垣内字前田の地に移し、

寺名を華清山・正法寺と改めました。

建武二年(1335年)十二月でありました。

kinnpusennjizaoudou

(吉野にある金峯山寺・蔵王堂)

その後、大塔宮鎌倉において

足利直義(あしかがなおよし)の手により亡くなったと聞いた戸野兵衛は、

宮のあとを追って殉死したと伝えられており、その遺跡として

墓地が浦向(うらむかい)字トンノに現存しています。

追号して

「再開基華清院殿大峰祖廓元機大居士」

(さいかいき かせいいんでん だいほうそかくげんき だいこじ)とあります。

彼の没後、毎年3月10日と7月15日には村中の者が集まり

「とのべいさま」祭りをしていましたが

享保二年(1717年)正法寺が火災のため全焼したことにより、

この祭礼も廃止されました。

siratanirinndou_2

(浦向の奥、奥地川の紅葉)

正法寺と大峯修験

しかし寺の建物は、再び檀徒の力で翌年二月

再建されました。

恵日院の時代はもとより、

正法寺初期・中期のころの資料などが少なく

明確なことは分からないのですが、

正法寺はもともと大峯山の山岳仏教

強い影響を受けていたものと思われ、

その発祥は「役行者」(えんのぎょうじゃ)が開いた「大峯奥駈け」、

すなわち修験道場である「峯中七十五靡」(ぶちゅうななじゅうごなびき)

後方支援をする平坦地の基地として、

隆盛していたものと思われます。

また大和長谷寺(はせでら)

京都今熊野観音寺(いまくまのかんのんじ)(ともに真言宗)と同じく

正法寺十一面観音をおまつりしていることから推察しても、

もとは真言宗派の寺院として地侍、豪士らの

強い支持を受けていたものと考えられます。

jikyounoshuku

(「大峯奥駈道」22番目の靡「持経の宿」(じきょうのしゅく)

役行者が「孔雀明王経」を収めたと言われています)

正法寺と禅宗

当時の天台真言各派の寺社は、

兵を養い武力を持ち中央政治にも関わりを持っていましたが、

織田豊臣徳川の時代の武家中心の中央勢力が強くなるとともに、

その圧迫を受けて寺院の存在感も薄くなってゆきました。

一方、禅宗曹洞宗は、武士の間でも信仰するものが多く、

徳川幕府切支丹禁制のために、

住民基本台帳に代わる「宗門人別帳」が作られ、

これを管理するのが寺院の仕事となりました。

正法寺に保存されている「開山和尚直筆、御状の写」(江戸時代初期)には、

寺垣内、浦向、佐田三区の庄屋檀家総代が中心となり協議のうえ、

熊野市奥有馬長生山・安楽寺(ちょうせいざん・あんらくじ)

第十世 鉄丸能鈍和尚(てつがんのどんおしょう)を開山として迎えた」との

記載があります。

これにより、同寺の末寺して法縁を結び、

系列下曹洞宗に列したものです。

本寺、長生山安楽寺については「紀州風土記」

「禅宗曹洞宗派、防州(山口県)龍文寺(りゅうもんじ)

熊野五ヶ寺の一つにして、郡中曹洞一派の指揮をなす」と記されています。

shoubouji_ume

(正法寺の梅)

またその縁起については、

『有馬和泉守』(ありまいずみのかみ)当荘を領せし時、

文安元年(1442年)防州龍文寺下僧、海雲和尚、熊野権現に詣でたのを、

和泉守が城中に招いて和尚に帰依し、ついに寺院を創建し、

海雲和尚を住寺として、同二年七同伽藍落成すという。

『堀内安房守』(ほりうちあわのかみ)の時まで、

寺領も百石寄せられたが、

天正年間の兵火(秀吉の熊野征伐)の際にことごとく焼け、

その後再建されたが、元の姿の影もなく、

慶長七年(1603年)浅野氏に願い出て高十石を寄せられた」

と記されています。

正法寺の変遷

現在の正法寺建物は、明治四十三年(1910年)の改修によるものであり、

寺で保存する文書によると

豊臣秀吉の検地の際、寺有地として

除地(よけち:諸税の免除)扱いにしてほしいと願い出ています。

その中に

寺垣内の中の住吉八幡宮を、

当山の鎮守として正法寺住持により、

永禄六年(1563年)御遷宮をした旨、棟札に記載あり」と書いてあり、

八幡宮山二十八間(51.0平米)、二十六間(16.4平米)、

門前地蔵堂屋敷十二間(5.5平米)

その後数回の検地の際も同様に全て、

寺有地として除地と認められています。

baikaourenn

(住吉神社で春先に咲くバイカオウレン)

正法寺の建造物

正法寺に伝わる「雲版」(うんぱん)

永享九年(1429年)室町時代の作で、寺院としては、

かなり古い時代に偉容が整っていたものと思われます。

初期の正法寺建武二年(1335年)

現在の地に建てられていることが推定できますが、

この建物が火災に遭い、その後享保三年(1718年)

第三世大仙海音和尚の代に再建されました。

(現在の本堂内部は、大部分が当時の物です)

shoubouji_naijinn

(正法寺の本堂)

山門は、天明二年(1782年)第十世大元豪海和尚の代の建物で

そのとき境内を門前にあった地蔵堂屋敷まで広げたため、

山門の老松はこのときの記念植樹であったと推測できます。

(樹齢200年余り)

その後明治四十三年(1910年)三月

第十八世武長仏眼和尚(たけながぶつがんおしょう)の代に

大改造がありました。

その当時の文書に

「当寺院は享保三年の建築で約二百年経過。

従前、本堂・庫院は一棟で桁行十三のながき平屋であったのを分離し、

本堂は棟を高くあげ、

外部は新材を用いて全部改修し、庫院、玄関、倉庫、物置、浴室などは新築、

更に鐘楼を建築し、一檀徒の寄進により梵鐘を吊るし

面目一新した」とあります。

shoubouji_shourou2

(正法寺の鐘楼)

関連記事・リンク

【村の歴史のシンボル・「正法寺」の由来 2】はこちら

【下北山村の歴史】はこちら


ページの
先頭へ